一般のおしらせ《タイ国日本語教育研究会》

タイ国日本語教育研究会に寄せられた「お知らせ」を掲載しています。研究会からのお知らせは、研究会ウェブサイトをご覧ください。

【教師募集】イギリス系インターナショナルスクールにて常勤の日本語教師を1名募集

【DBS】DENLA British School Bangkokにて2023年8月より7年生から11年生まで専門科目として日本語の教科が導入されるため、教師を募集します。国内、国外からのご応募を受け付けております。
本校は、さまざまな国籍の教師が在籍しており、皆チームとして協力的でとても良い職場環境です。

学校ホームページ

https://www.dbsbangkok.ac.th/

待遇
✳️空港からピックアップ
✳️労働許可証とビザのサポート
✳️年間5日間のスタッフトレーニン
✳️年間授業日数180 日
✳️学校の敷地内の宿泊施設居住可能(家具完備)
✳️住宅手当
✳️年に一度(または2年に一度)のフライト費手当
✳️お子様2名分の学費100%免除
✳️民間医療保険
✳️ 昼食手当(給食)

応募締め切り2022年11月4日

応募の詳細は以下のURLをご覧下さい。
Teacher of Japanese, Bangkok, Thailand - Tes Jobs

学校までの地図 (GoogleMap):
https://maps.app.goo.gl/7WmLVogQnyYE1HZK7?g_st=il


学校見学も可能です。
ご質問等ごさいましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
Liddell.j@dbsbangkok.ac.th

東洋大学オンライン『ビジネス日本語ポイント講座』のお知らせ

東洋大学では、8月2日(火)から8月31日(木)にかけて各界の専門家をお招きしたオンライン『ビジネス日本語ポイント講座』を開催します。

N2相当の日本語力を有する日本語学習者の方であれば、どなたでもご参加いただくことが可能です。

興味のある講座を自由に選ぶことができます。ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

■受講料:無料(一部費用がかかるコースあり)

■内容

ビジネス場面で実際に求められる日本語や文化知識、マナー、スキルなどに関する厳選されたテーマについて各分野の専門家から指導を受けることのできる貴重な機会です。また、留学生の就職活動で大きな強みとなる「BJTビジネス日本語能力テスト」(公益財団法人日本漢字能力検定協会)の試験対策も含まれています。ぜひ、この機会にビジネス日本語や文化についての理解を深め今後のキャリア構築に役立ててください。

■申込期間:2022年8月21日(水)

■申し込み方法

下記の URL よりお申し込みください。

TOYO Japanese Language Program サイト 

https://toyo-jlp.com/class/courselist-2022-summer-business-japanese-special-courses

※申し込みは先着順となります。ご参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

 

■備考

・講座は全て日本語で行われます。

・1講座のみの参加も、複数講座の参加も、自由に選ぶことができます。

【ワークショップ】運営者向け 複言語・複文化ワークショップ参加申込 受付開始のご案内

タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会(JMHERAT)

第9回複言語・複文化ワークショップ参加申込受付のご案内

 

今回は、ご自身の居住地・グループ・教室などで当研究会が行っている「複言語・複文化ワークショップ」を開いてみたいという方を対象に、3つのツールの体験と、自分の現場で実施する方法を検討するWS(全4回)を開催します。

 

日時:2022年8月21日(日)、9月4日(日)、9月25日(日)、10月9日(日)(タイ時間14:00~16:30)

会場:オンライン(Zoom)

定員:25名程度(全4回参加)

対象:

・複数の言語と文化で生きる子どもたちのための活動をしている方(※1)

・「複言語・複文化ワークショップ」を開いてみたい方(※2)

参加費: 400B

支払方法:銀行振込(タイ国内のみ)、PayPal   クレジットカード

申込フォーム:https://bit.ly/JMHERAT9WS_application

申込締切:7月31日(日)※定員になり次第締切

※1 同団体最大2名まで
※2 WS詳細(お申込方法 3つのツールについて)はこちらを参照

問い合わせ先:
タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会(JMHERAT)事務局JMHERAT@gmail.com

【博報堂教育財団】第2回日本研修招聘プログラムへの参加を申し込みください。

第2回日本研修招聘プログラムへの参加を申し込みください。
※選考された場合、博報堂教育財団が全費用を負担します。

博報堂教育財団が基礎教育委員会(OBEC)、在タイ日本語大使館、国際交流基金、タイ日本語文化教師協会(JTAT)のご協力のもと開催。
このプロジェクトは、日本人教師に学ぶ機会を与えること、「実際の日本語」を学び、日本語の文化的・歴史的背景を学び、日本語をより深く理解させること、日本語教師としての習熟度を高めることを目的としています。

2023年4月、博報堂教育財団がすべての研修渡航費用を支援します。
2022年7月16日まで申し込みを受け付けます。

申請用のWebURL:https://hakuhodo-jplang.org/th/programs/1
(郵送による書類の提出、オンラインチャネル、両方申請できます)

問い合わせ先:
博報堂教育財団 日本語教育プログラム事務局 (プロダクツバンコク内)
電話:06 1174 7233
Email:info@hakuhodo-jplang.org

明治大学日本語短期プログラム(夏期)参加学生募集のご案内

本プログラムは、日本国外の大学・大学院に在学している学生の方が対象で、開講するクラスレベルは、初級クラスと中級クラスです。

初級(JLPT N4 レベル CEFR A2 レベル 相当)
中級(JLPT N3 N2 レベル , CEFR B1 レベル 相当)


募集期間:2022年6月1日~2022年7月10日
(注:定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。 )

【プログラム期間 】
 2022年8月22日~9月10日
 (1)AMクラス 10時~12時(日本時間)
 (2)PMクラス 16時~18時(日本時間)

 【プログラム費用】
 40,000円

【プログラムレベル】
初級(CEFRのA2レベル):日本語能力試験N4レベル
中級(CEFRでB1レベル):日本語能力試験N3~N2レベル
(注:日本語を学習したことがない人は、このクラスには申し込めません。)

その他、プログラムの詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.meiji.ac.jp/cip/english/programs/mjlp/summer.html (ENG)
https://www.meiji.ac.jp/cip/english/programs/mjlp/jp/summer.html (JPN)

プログラムについてご質問がある場合は、E-MAIL: mjlp@meiji.ac.jp までお気軽にお問い合わせください。
多くの方のお申し込みをお待ちしております。

 

明治大学 日本語教育センター
明治大学 アセアンセンター
プログラム担当:国際連携機構 山森理恵(yamamori_m@meiji.ac.jp)

『東洋大学ビジネス日本語入門(オンデマンド講座) 』開講のお知らせ

この講座では、これからビジネス日本語を学び始める人を対象として、基本的な言語知識の獲得やビジネス文化やマナーの理解を目的とした入門的な内容を扱います。
留学生が日本企業に就職する際に求められる、ビジネス日本語の基本的な知識を身につけ、将来、日本語を使って働くための準備を整えることを目的とします。

【開講期間】
2022年5月25日(水)~2022年7月31日(日)(JST)
※ご都合に合わせて、受講プランを立てて、自由にご受講いただけます。

【対象】
N2(JLPT)相当以上の日本語力を持つ方

 【受講料】
・一般受講者(東洋大学生以外の方):2,200 円
東洋大学生:無料

 【申込・詳細】
JV-Campusサイトをご確認ください。

https://www.jv-campus.org/course/?provider=toyo&course_id=342586

また、受講までの流れについては、以下を参照ください。
東洋大学生以外

学校選択調査報告会のお知らせ

2022年2月に実施した「タイ在住者および在タイ経験者の子どもの学校選択に関わる意識調査」の結果の報告会を以下の通り実施いたします。
結果にご関心のある皆様、ぜひご参加ください。

 

「学校選択調査報告会」

日時:2022年6月19日(日)13:00-15:00(タイ時間 GMT+7)
方法:Zoomオンライン
参加費:無料
対象者:アンケートにご協力くださった皆様、結果にご関心のある皆様
定員:なし
申し込みフォーム:https://forms.gle/iHP2NteqYcXnTDUf7
申込期限:6月12日(日)

詳細は、JMHERATホームページ(以下URL)をご覧ください。
https://jmherat2006.wixsite.com/jmherat/post/chousa_houkokukai_oshirase

*************************

タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会(JMHERAT)運営委員 調査チーム
松岡里奈、久保亜樹、村木佳子、常見千絵、齋藤沙夜花

 

※本調査・報告会に関するお問い合わせは松岡(matsuoka.rina.cjlc@osaka-u.ac.jp)までご連絡ください。